プチホテルゆばらリゾート便りや 湯原温泉周辺の自然情報などを紹介します。最近は親バカ日記になりつつあります(^^;)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
お化け屋敷
7/26~8月末まで

湯原温泉民俗資料館にてお化け屋敷がオープン致します。

湯原のはんざきや真庭市内の民話等を題材とした

ストーリーのあるお化け屋敷です。

お化け屋敷


急遽、決まったイベントなので

現在、お化け屋敷の準備で大忙しみたいですが

多分、7/26には間に合うと思います(^_^;)


場所は当ホテルから歩いて2分程度です。

是非、この機会にお出掛け下さい(≧∇≦)


私は、恐がりなので正直、お化け屋敷は苦手なんですが

湯原温泉のイベントなので夫を道連れにチャンレンジしてみたいと思います(^_^;)




スポンサーサイト
page top
ホタル
今日は画像が無いので

本文には関係ありませんが、身内だけで楽しむのはもったいないので

旦那が持って帰ってきた面白い大根の画像をUPしてみました。

恥じらい大根

恥じらい加減が絶妙です。

さて、この大根どうしよう・・・。




----------------------------------

ホタルの時期はもう終わり・・と思いきや


湯原温泉のホタルは今日もまだ飛んでいました。


さすがに数は少なくなっていて15匹程度ですが


水面に映るホタルの儚げな光がとても綺麗です。


バックミュージックには川のせせらぎと河鹿蛙の鳴き声、


靄の中に浮かぶホタルや霧の晴れたスッキリした水面に浮かぶホタル


毎日違う表情を楽しめます。


当ホテル前の駐車スペースの部分で見る事が出来ますので
(鼓嶽の所です)

近々、お越しになられる場合は


是非お風呂上がりにホタルを見て涼んでみて下さい。


page top
自然破壊
※今日の話は当ホテルには関係なく

 私と自然便りカメラマン個人から一部の方に向けた内容となっています。

 自然や野生動物に興味の無い方には申し訳ないのですが全く関係の無いお話です。




これは湯原温泉ではありませんが

湯原温泉からもとても近い自然スポットのお話です。

ここ数年、風景の綺麗な場所や生き物を撮影する場所が

一部の心無いアマチュアカメラマンに荒らされています。。


人為的な自然破壊


これを見ると自己の欲求で写真を撮りたいがために切ってしまい

後の事何も考えてないという事が分かります。

遠くから来たのだから一番ベストなポジションで

野生生物の写真を確実に撮りたいという気持ちがあるのだと思いますが

自然を破壊してまで写真を撮ろうと思う様な気持ちは全く分かりません。。


一体何の為に行っているのでしょうか??

プロでも、専用のレンズが無いと撮れない生き物の写真なので

コンテストに出す為や個展に使用する為の写真では無いと思います。


遠くに小さく写った生き物の写真を一生懸命トリミングしたり加工したりして

ただの自己満足の為にブログに使う為のだけに?

他のカメラマンに自慢する為に?

1人でこっそり楽しむ為に?


万が一、仮に撮れたとしても、それは既に人工的な写真であって

人に誇れる様な自然の写真では無いと私は思います。


「遠くから来ているから」とか

「夜中から来て場所取りをしていたのに」とか

それはただの言い訳です。


こういった卑劣な行為をしなければ写真が撮れないというのなら

自分の腕が悪いという事を言っているのと同じ事です。

どうぞ諦めて地元で確実に撮れる被写体を探して下さい。


こういった悪質な行為をする方はここまで木が大きくなるのに

どれだけ時間がかかるのか考えた事があるのでしょうか?

そしてそこで生活している生き物への影響の事を考えた事があるのでしょうか?

この場所にはとても警戒心の強い絶滅危惧種の繁殖を

自分の手によって邪魔をしてしまっているという事に気付いているのでしょうか?

人為的な自然破壊



環境問題が深刻化してるのに自然を撮る人間が破壊しているのです。

そして、後先を考えずに

この地に住む生物の巣穴を覗いて写真を撮ったり、

子育てを邪魔する人もいる様で、ここ数年その生き物の子供の姿を見る事が出来ません。


ここでちょっと想像してください。

○自分の家の窓からずっと覗いている人がいても気にせずにいられますか?

○自分の家や部屋の中に突然知らない人が入ってきて何を言っても通用せず
 居座られていても平気でいられますか?

○自分や自分の子供の朝起きてから寝るまでの一挙一動を
 全く知らない人から監視されていてもその場所で普通に生活出来ますか?
 
○何者かに自分の家を荒らされていても平気ですか?
 又、自分の所有物を壊されても不愉快に思いませんか?

○自分の大切な人の裸を見知らぬ人にじーっと見られても平気ですか?



人間に置き換えたらこういう事なんです。

当然、人間より警戒心の強い生き物なら耐える事が出来ません。


こういった事がこれ以上繰り返されるとこの場所では

もうその生き物が住む事が出来なくなるかも知れません。

いえ、既にそういった状況に陥りかけているのかも知れません。

現実的にここ数年、その生き物は子育てを放棄してしまっているからです。


人為的な自然破壊



私はどうしてもこういった悪質な行為を許すことが出来ません。

自然を撮るカメラマン失格だと思います。


又、切った木を用水路に捨てて、用水路が詰まった様で

生き物だけでなく地域住民にも迷惑をかけています。


遠くに住んでるから関係ないとか、たまにしか来ないから

後はどうなってもどうでもいいとでも思っているのかも知れませんが

そういう方は自分の地元や自分が住んでいる家や庭を荒らされたり

ゴミを捨てられてもなんとも思わないのでしょうか??


カマや高枝切りバサミ等を持っているカメラマンは要注意人物です。

もし木を折ったり、切っている現場を見つけたら

「土地の持ち主の許可を取ってますか?」

と一声かければ相手は多分怯むと思います。

それでも駄目ならその人の特徴や車の車種、ナンバーを控えて

器物破損で通報してください!


人為的な自然破壊



衣食住は人間だけでなく、動物にも生きる為に必要です。

野生で生きる動物にとっては人間が思っているよりも重大な事です。


しつこい様ですがもう一度言わせて下さい。

この場所にはとても警戒心の強い絶滅危惧種がいるのです。


全てのカメラマンがこういった方ばかりでは無いのは分かっています。

ですが、ここ数年、こういう事が多くとても困っています。

自然便りスタッフとしてカメラマンの皆様にお願いします。

この地だけでは無く、他の場所でも

写真を撮るときは生き物の生活や繁殖の邪魔をしない様

そっと見守る様に撮影して下さい。

そして地域住民に迷惑をかけない様マナーを守って下さい。


自然を守るため、全ての野生動物を守る為にどうかお願いします。



© 湯原温泉ブログ :のんびり自然便り. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。