プチホテルゆばらリゾート便りや 湯原温泉周辺の自然情報などを紹介します。最近は親バカ日記になりつつあります(^^;)
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
春の予感
今年は大山の雪解けも早く、

木々の穂先も赤くなっていました。

大山



木の穂先



木



例年より半月早くウグイスの鳴き声も聞こえた様です。

今日は昼過ぎまで天気が良くとても暖かかったです。

夕方からは雨となってしまいましたが

気持ちの良い一日でした。

晴れの日はご入浴のお客様も増え、

平日でも予約なしでは入浴出来ない場合が御座いますので

当ホテルで日帰り温泉をお楽しみになられる場合は

是非、事前にご予約下さい。

スポンサーサイト
page top
ぽかぽか
日の出


今朝は久しぶりに霜が降りていました。

霜


この光景をみるとまだ冬なんだなぁ・・。

霜


霜


と思ったのですが

昼間には一転し、ポカポカと春先のような良いお天気で

久しぶりにコートを着ずにお散歩出来た程暖かかったです。

鴨の夫婦


昼間は足湯にもたくさんの人が訪れ、

鴨の夫婦も気持ちよさそうに日向ぼっこしていました。


page top
☆☆バレンタインキャンドル☆☆ ~露天風呂編~
たった今、露天風呂へキャンドルを撮影しに行ってきました!

下記は砂湯までの歩道のキャンドルです。

三脚を持参しなかったので手ブレばかりで上手く撮れず

考えた末、カメラを地面に置いて撮ってみました。

歩道


歩道


今年は露天風呂降り口にハート型の凄い作品が!!!

ハート


実はこのハートと街角ギャラリーに展示してある灯籠は

当ホテル目の前にある土夢創屋(とむそうや)のオーナーが

作成したものです。

また砂湯から一番近くの旅館「かじか荘」さんでは

かじか荘の皆さんが手作りした灯籠を飾っていました。

特にこのお月様がとても格好良かったです。

お月さま


今日はキャンドル初日&連休最終日の為、

たくさんの人がキャンドルを見に来たり、

ご入浴されていたので写真を撮るのが大変だったんですが

頑張って撮りました。

ご入浴に行かれる方はくれぐれもキャンドルに見とれて

お荷物を間違えたり、お忘れ物などしない様に

気を付けて下さい。

また、最近盗難事件が連日発生しておりますので

自己管理をしっかりなさってお気を付け下さい。 



page top
☆☆バレンタインキャンドル☆☆~プチホテルゆばらリゾート編~
今日からバレンタインキャンドルが始まりました!!

いつも露天風呂の写真なので

今回は当ホテル周辺のキャンドル画像です。

ホテル玄関1


ホテル玄関2


わんちゃんの置物周辺にたくさん飾ってあります。

また、当ホテル前の橋、橋向こうの街角ギャラリーや

ホテル裏の酒屋さんにも

キャンドルや手作りの素敵な灯籠が飾られています。

広見酒店

街角ギャラリー


ホテル玄関周辺



当ホテルをご利用の際は

是非歩いて砂湯までお出かけになって下さい。


page top
☆☆バレンタインキャンドル☆☆
今月の12・13・14日は

バレンタインキャンドルを行います。

湯けむりの中で揺らぐ2000本のキャンドルは

とても幻想的な雰囲気です。

着火は5時半~6時に行う予定です。

クリスマスより短い期間ですが

恋人、ご夫婦の皆様

是非、ロマンティックなバレンタインを

湯原温泉でお過ごし下さい。

20061223200337.jpg


画像はクリスマスキャンドルです。

page top
湯原温泉の見所スポット
先日の最低気温です。

温度計


ダチョウ牧場から見る朝焼けが綺麗でした。

ここは湯原温泉で

一番朝焼けが綺麗に見えるスポットだと思います。

朝焼け


湯原湖周辺(湯原ダム)では

この寒さでまた霧氷が出来ていたみたいです。

霧氷


霧氷が溶けるとただの木に戻ってしまいました。。

木


湯原ダム周辺やダチョウ牧場から見る景色は

ほとんど手つかずの自然が多いので

山でも人工物が少なく

昼間でも朝でも絶好の撮影ポイントです。

明かりも少ないので夜は星が綺麗です。

霞ヶ丘公園は温泉街から離れた場所にあり

訪れる人も少ないので貸切率が高い為

ちょっとしたプライベートピクニックにも最適です。

どちらも当ホテルでは今イチオシの観光スポットですので

暖かくなったら是非訪れてみてください。


© 湯原温泉ブログ :のんびり自然便り. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。